自動的につけられている任意保険とは

任意保険は対人や対物といった基本的な補償の他に、特約を付けることで様々な補償内容を設定することができます。この特約は自動付帯のものと任意付帯のものがあり、対人賠償に自動付帯されている特約に無保険車傷害保険があります。この特約は、記名被保険者やその配偶者、同居の親族が契約車両に乗車中や道路歩行中に保険に加入していない自動車との交通事故で死亡もしくは後遺障害が残存した際に、支払われるものです。無保険車傷害保険は、加害者側の対人賠償保険に代わるものという性質のものです。このため、被害者の過失分は差し引かれます。また支払い要件が死亡か後遺障害のため、後遺障害が残存することが確定するまで保険金の支払いができません。このため、治療費や仕事を休んだ補償等は自賠責保険からカバーもの以外は被害者が長期間負担しなければならないことがあります。無保険車傷害と似たもので人身傷害保険があります。これは被害者の過失分もカバーされますし、後遺障害の残存は支払い要件ではないため、被害者が立替を行ったりする必要がありません。無保険車傷害保険だけでは、万が一の時の補償が受けられない可能性があるので人身傷害保険もセットで加入しましょう。

Comments are closed.