損害賠償額に足りない分の不足分の補償

交通事故で被害者になった場合、加害者から損害を賠償してもらうことになります。加害者が自賠責保険と任意保険に加入していればあまり問題は発生しませんが、全く保険に加入せず自動車を運転する人も居るので、そのような人が加害者になると厄介です。また、保険に加入していても被害者に過失がある場合は、被害者の過失分が損害賠償額から控除されてしまうので、被害者の過失が大きい場合は、十分な賠償を受けられないこともあります。このように被害者の損害額からの不足分をカバーする保険にも加入しておくほうがベターです。そのような保険の一つが無保険車傷害保険です。この保険は、対人賠償に加入すれば自動的にセットで加入できます。加害者が支払わなければならない分について支払ってもらえますが、被害者の過失被害者分は差し引かれてしまいます。また、被害者が死亡か後遺障害が残存した場合のみが対象になるので、ケガだけの場合は、支払ってもらえません。もう一つが人身傷害保険です。これは、契約の際に加入する意思表示が必要です。無保険車傷害保険とは違い、ケガだけでもカバーされます。また、被害者の過失分は減額されません。必ず人身傷害保険には加入しましょう。

Comments are closed.