正常な運転ができない場合とは?

正常な運転とは的確な判断のもと、安全に乗り物を操作することです。
人為的な影響により、その正常な運転ができなくなる場合があります。
飲酒、麻薬(違法ドラッグ、脱法ドラッグ)、無免許などがそれにあたります。
年々、減少傾向にある飲酒運転でありますが、それとは逆に脱法ドラッグなど法の目をかいくぐり若者の間で横行している麻薬を使用しての危険運転の件数は増加の傾向にあります。
正常ではない状態での運転はどのような危険性があるのか、まず『自制心がきかなくなる』このことで気持ちが大きくなりスピードの出し過ぎや、運転が乱暴になったり、『運動機能の低下』により、ハンドル操作の適切なコントロールが出来なくなります。
そして『集中力の低下』で変化する交通状況に適応出来なくなるのです。
現在、危険運転致死傷罪は平成13年の刑法改正により『過失』ではなく『故意』の危険運転行為とみなし、その罪を重く設定しました。
『少しの出来心から』『自分は大丈夫』などその場の気分に乗せられての『ついつい』の行為が自らの人生を大きく転落させかねないのです。
自分の人生だけならまだしも、他人の人生まで大きく変えてしまい、最悪はその人生を奪ってしまう事もあります。
自己中心的に物事を考えず、飲酒、麻薬使用運転がどのような未来を招いてくるのか『イメージ』をすることが安全に運転する上で大切なことではないでしょうか。

Comments are closed.