無保険車傷害保険に加入するとどんなサービスが受けられるのか?

無保険車傷害保険は、自動車保険のなかで加入することができるメニューのひとつであり、これによって通常の保険契約では受けられないようなさまざまな場合にもサービスが受けられるようになりますので、いざというときにも安心です。
事故が起こった場合、通常は相手にも何らかの過失はありますので、相手が契約している保険から損害賠償として保険金が下りることになりますが、無保険車傷害保険は、もしも事故の相手が無保険車であった場合について適用される保険です。
例えば、相手がまったく自動車保険の契約をしていなかったり、契約していたにせよ十分な保険金額を設定していないか、もしくは保険の適用範囲を制限するような特約にかかって十分な金額の保険金が下りなかった場合には、被害者であるにもかかわらず、治療費その他として必要なお金を手にすることができなくなってしまいます。
この無保険車傷害保険は、そのような場合であっても、自己名義の自動車保険のほうから保険金が下りるという、あり得るかもしれないリスクにぴったりと対応したメニュー保険となっています。
また、こうした車との事故のほかにも、当て逃げなどで加害者が誰かわからない場合にも補償を受けることができるという幅広さも特徴のひとつです。

Comments are closed.