未加入車との事故で搭乗者が死傷した場合

無保険車傷害保険は、無保険車との事故によって後遺障害または死亡という人身上の損害が発生した場合について、相手にかわって必要な補償を行うための保険のことをいいます。
無保険車というのは、相手が自動車保険の対人賠償保険の未加入車で損害賠償の支払能力がない場合が典型例ですが、そのほかにも、相手の運転者が保険約款上の年齢特約などに違反していたために通常ならば支払われるはずの保険金が支払われないケースや、相手の対人賠償保険の保険金額が少なすぎるために実際の損害賠償に必要な金額をまかなえないケースに対しても適用することができます。当て逃げなどのために損害賠償を請求すべき相手が特定できないようなケースについても適用することが可能です。
これらの場合については、死傷した搭乗者1名ごとに保険金額の範囲内での保険金が支払われることになりますので、もしものことがあった場合にも安心です。
この無保険車傷害保険は、最近では別に契約を結ばなくても自動付帯されているケースが多いようですが、あくまでも死亡または後遺障害という深刻な被害があったケースに保険金の支払いが限定されますので、さらに補償を充実させたい場合は別の保険への加入も検討する必要があります。

Comments are closed.