故意による事故では保険の扱いはどうなる?

自動車を運転している場合に、交通事故を起こしてしまうことは多々あります。
この場合に、自動車を運転している運転手が故意に起こしたか過失で起こしたかにおって大きく変わります。
任意保険会社は、保険契約の約款に保険契約者並びに記名被保険者が過失によらず起こした自動車事故の場合には保険料金の支払いはしないと記載されています。
過失によらないものは、道路交通法で規定されています。
飲酒運転・過労運転・薬物等使用運転の場合は、運転手があらかじめ自動車を運転することができないような状態であることを認識していながら運転していることになるので、過失によらない交通事故となります。
また、運転手が自動車を使用して相手を怪我させるために自動車をぶつけたりした場合は、過失によらないものとなります。
任意保険会社では、過失によるものしか保険料金の支払いをしないと記載されているのですが、自賠責保険では過失であるかどうかは判断せず、被害者保護の観点から保険金の支払いがされるようになっています。
しかし、過失でない場合は自賠責保険会社は支払った保険料金を政府から回収し、政府は加害者に請求することになります。
任意保険会社や自賠責保険の約款などはしっかりと確認しておくことが大切です。

Comments are closed.