どんな場合だと保険金が支払われないのか?

保険金が支払われない理由は、種類にもよりますが、どの種類にも共通するものとして故意による事故には支払われません。当然ながら保険は偶然に起きた損害を補償するもので、公序良俗に違反した行為に対しては一切支払い対象になりません。保険の支払いを目当てにわざと自動車をぶつけるとか、人によっては自分の体にキズをつけてまでも請求を行おうとする場合もあります。最悪のものは保険目当ての殺人があります。これ以外には、地震や津波、戦争等の異常危険による事故も保険では支払われません。自分に対して支払われる保険、傷害保険や車両保険の場合、法令に違反した運転、具体的には飲酒運転、無免許運転、薬物の影響下での運転等での事故は保険で支払いが出来ません。ただし、対人賠償や対物賠償では飲酒運転や無免許運転であったとしても保険は支払われます。これは、被害者の保護のためで、被害者から見れば偶然加害者が飲酒や無免許であったとしても関係はないからです。ケガの場合は日数や怪我の内容に応じて保険が支払われることになります。後遺障害が残った場合は後遺障害の補償が行われますが、完治するケガの場合は、後遺障害についての保険は支払われません。

Comments are closed.