無保険車傷害保険に関する基礎知識

自動車事故にともなう損害賠償金は近年高額化の一途をたどっており、民事訴訟では数千万円から数億円にのぼる高額判決が出される事例すら見られるようになりました。このため、多くのドライバーは対人・対物無制限で任意の自動車保険に加入し、高額賠償のリスクに対応していますが、すべてのドライバーが高い意識をもって運転しているとは限らず、道路上には自動車保険にまったく加入していない車が一定程度は存在しているのもまた事実です。
「無保険車傷害保険」は、こういった保険のない車と事故を起こした場合であっても保険金が得られるように備えるための自動車保険です。この保険によって保険金が下りるのは、死亡または後遺障害のあった場合に限られますので、それ以外の一般的なケガや車両の損害などに対応するには、人身傷害保険や車両保険に加入することが必要となります。
この保険では保険に未加入の車のほかにも、相手が保険に加入しているものの特約などによって保険金が支払われないとき、相手の加入する保険から保険金が下りるものの損害賠償額を満たすだけの十分な金額でないとき、当て逃げなどによって加害者が特定できないときなどに適用することが可能です。